中尊 釈迦如来立像

堂々とした平安前期を代表する榧の一木像である。
本来は薬師如来として造立されたもので、均整の整ったこの像の、特に朱色の衣の流れるような衣紋は漣波式と呼ばれる独特のもので、この様式を室生寺様と称している。
光背には七仏薬師や宝相華・唐草文が華やかに描かれている。


トップへ