境内の風景

鎧坂

仁王門をくぐると左にバン字池があり、その少し上に弁才天社がある。室町時代の春日造の小さな祠である。左手の自然石積みの幅広い急な石段は「鎧坂」と呼ばれ、その両脇には石楠花や木々の枝が迫っている。登りだすと石段の頂きに金堂の屋根がみえる。室生寺の序章ともいえる美しい景観である。



太鼓橋

門前に連なる茶店や旅館を過ぎると、清流に朱塗りの反り橋が架かっている。太鼓橋と呼ばれるこの橋をわたると室生寺の境内である。



石楠花

毎年4月中頃ともなると、境内の石楠花が濃い紅色のつぼみを開きはじめます。花の色は、濃く鮮やかな紅色から薄桃色になり、白に近い色になってやがて散ります。海抜40メートルに位置する室生寺の湿気と適度な寒さが、高山植物の石楠花に適し、毎年見事な花を咲かせてくれます。



トップへ